パソコンを捨てるのも一苦労

パソコンの調子が悪くなったり、買い替えたのでもう使わなくなったとしても、ごみという名目で捨てることは不可能です。
粗大ごみと思い捨てるための申請をしたら、受け入れられなかったという人もいるようです。

そのわけは、2003年より実施されている資源有効利用促進法、俗に言うPCリサイクル法に基づき、使用しないパソコンを粗大ごみとするのではなく、使える部品を再利用することになったからです。

各メーカーで販売しているパソコンを捨てるときは、そのメーカーに引き取りをお願いすることになりますが、もし自力でオリジナルに作ったパソコンなら、メーカーに申請するわけにはいきません。

自分独自に作ったパソコンだと、パソコン3R推進協会という一般社団法人へ処理を依頼することが必要です。

回収依頼の方法については、利用しているパソコンのメーカーサイトなどに載っていますので、それを確かめましょう。

メーカーに任せて捨てる資格があるのは、そのメーカーで売られている商品のみです。

本体とディスプレイ別々のタイプ、もしくはモニターと本体が一つになっているパソコンに対応する場合が多いです。

とはいえ、パソコンと一緒に梱包されていたキーボードやマウスについては、処理対象となるケースが多々あります。

自分で梱包して送らなければならないメーカーもあるようですが、いくつかのメーカーは運送会社が自宅まで来てくれて、梱包も含めて行ってくれます。